「鉄と鋼」第109巻第6号特集号「鉄鋼材料・製造プロセスにおけるデータサイエンス活用の新展開」原稿募集のご案内(投稿締切日:2022年10月1日)

近年急速な発展を遂げている機械学習やデータ駆動科学をはじめとするデータサイエンスは、実験やシミュレーションの結果から人知を超えた新しい知見をもたらしうるツールとして幅広い分野での活用が期待されています。またその技術的な確立のため、それを支える周辺技術の発展もますます重要となっています。
本会論文誌編集委員会「鉄と鋼」特集号企画WGでは、鉄鋼協会関連分野におけるデータサイエンス活用の現在地の理解とさらなる利用拡大に資することを目的として、鉄鋼およびチタン材料とその製造プロセスを対象としたデータサイエンスおよびその周辺技術の活用をテーマとした特集号を企画することになりました。
データサイエンスはもちろん、それを支える実験、理論解析、そして数値シミュレーションなどの周辺技術とその活用に関する論文を一般からも広く募集いたします。奮って投稿くださいますようお願いいたします。

1.スコープ

鉄鋼およびチタン材料とその製造プロセスを対象としたデータサイエンスおよびその周辺技術(実験および数値シミュレーションなど)の活用について、幅広く論文を募集します。

2.投稿締切

2022年10月1日(土)必着
(締切日を過ぎて投稿された原稿は通常の投稿原稿として受付けます)

3.発刊予定

「鉄と鋼」Vol.109, No.6(2023年6月1日発刊)

4.投稿規定、審査方法

投稿規定は、「鉄と鋼」ジャーナルWebサイト掲載の投稿規程、執筆要領をご参照ください。
審査は通常の審査方法に準拠します。

5.企画世話人・問合せ先

浜 孝之 京都大学大学院エネルギー科学研究科 教授
TEL. 075-753-5418 E-mail: hama@energy.kyoto-u.ac.jp

6.原稿送付先

下記サイトの電子投稿画面からご投稿ください。

電子投稿の操作に関しご不明の点は、本会編集グループにご連絡ください。
(TEL. 03-3669-5933 E-mail: editol@isij.or.jp